事業内容

21世紀の産業を担うスマートファクトリー、私たちが実現します。

Fog Computing

クラウドを補完する、「フォグ・コンピューティング」

GST Fog Computing自動化とM2M(Machine-to-Machine)の制御の際に必要な融合装置であり、おもに工場のLocal段にある。

概念

  • Fog Computing では現場にある各々のIIoTから収集した資料がサーバーに送られた時に、送られるメッセージやイメージ・データなどが含まれる大量の資料をビッグデータと指します。フォグ・コンピューティングは、この膨大な量のデータをビッグデータ化して、現場での最適の環境を構築し、不良率の最小化・生産性の向上させます。このように、設備や予防保全を効率化のため、重要な情報をまとめるサーバーをGatewat装置・サーバーといいます。

    フォグとは霧という意味で、空に浮かんである曇とは違う位置にあります。
    遠い空にある雲までデータを送る必要なく、地上の近くにある霧で処理できるというメタファーです。
    フォグ・コンピューティングは、エッジ機器を通じて、ビックデータのような先端技術を処理できる環境のことをいいます。

おすすめ

  • リアルタイム応答が必要な大量のデータの処理のための重要応用プログラム+デバイス

    ex データの収集・処理 状況のモニタリング 規則基盤の意思決定 短期データの貯蔵

導入効果

  • 1 柔軟性

    • 需要の変化によって
      パソコンの資源を割り当てて
      柔軟に利用できる
  • 2 経済性

    • 使った分だけ
      費用がいるため
      構築とメンテナンスより安い
  • 3 効率性と安定性

    • データ資源の共有で
      効率性やデータ
      流出防止ができる
  • 4 利便性

    • ネットの環境のどこからでも
      制約なしにデータの確認や
      処理ができる

Close GST  

21世紀の産業を担うスマートファクトリー、私たちが実現します。