GSTはお客様と一緒に
成長します。

スマート工場構築を通して企業の未来価値を高めます。

スマート工場支援事業の紹介
지에스티  

Businesses

スマート工場構築のためのトータルソリューション

More View

PR Center

GSTからの新しいニュース

More View
20.02.07 17:51:19
2016-2019年、釜山(プサン)ビジネスサービス強小企業(株)ジーエスティー

2016-2019年、釜山(プサン)ビジネスサービス強小企業(株))ジーエスティー



(株))ジーエスティーは、企業情報化システムのコアソリューションであるERP、MES/POP、SCM、PMS、QMSや組込みシステムを中心とするSmart Factory構築およびE-Businessソリューションの専門企業です。




独自開発したPLUS WIN 4.0は中小・中堅企業の経営革新型情報化システムとして造船資材、海洋プラント、自動車部品、根の企業、半導体など、多様な業種に成功的に取り入れられて経営革新と生産性革新に寄与することによってその優秀性を評価されています。








20.02.07 17:50:05
スマートファクトリープラットフォームで生産性を上げ、不良率を下げ

スマートファクトリープラットフォームで生産性を上げ、不良率を下げ



Photo Image

<ジエスティと釜山情報産業振興院は、この3日、クラウド型スマートファクトリープラットフォーム技術共有セミナーを開いて、プラットフォームの商用化の成果を発表共有した。>

クラウド型スマートファクトリーサービスが中小製造企業の生産性向上に大きく貢献していることが分かった。

スマートファクトリー構築の専門企業ジエスティ(代表オジュンチョル)は40の中小精密加工企業に'ビッグデータ基盤クラウド型スマートファクトリープラットフォーム'を供給した結果、平均23%に及ぶ生産性上昇効果を上げていることが把握されたと5日明らかにした。

ジエスティは釜山情報産業振興院'2018~2019年、地域SW融合製品上化(ヨンファ)支援事業'主管企業である。 この2年の間、釜山(プサン)IT融合部品研究所およびオートイノテックと一緒にビッグデータ基盤クラウド型スマートファクトリープラットフォームの商用化を推進、40の中小精密加工分野の企業に提供した。

以降の生産現場の変化を把握した結果、平均23%、生産性向上の効果と不良率46%減少効果が現れた。 原価は平均16%削減し、納期も35%に短縮することができた。

ビッグデータ基盤クラウド型スマートファクトリープラットフォームは生産現場で収集したさまざまな情報をビックデータ技術で分析し、品質管理、原価削減、設備故障、予知・不良率の減少など公正改善方案を見出すことができるスマートファクトリーサービスだ。
Photo Image
<ビッグデータ基盤クラウド型スマートファクトリーの構築、戦後イメージ。>


各種工程データ収集と分析、生産性向上方策を見出すなど、スマートファクトリー機能をクラウド方式で提供する。 個別中小企業の立場でスマートファクトリーの導入と運用による費用負担を大幅に減らすことができる。

ジエスティはこの事業で中小精密加工業の生産性向上に焦点を合わせてプラットフォームを開発、提供した。 来年にはこのサービスを全国精密加工業界に拡大普及して、ベトナムを含む海外市場にも供給する計画だ。

オジュンチョル代表は"韓国が保有した産業事物インターネット(IIoT)装備とソリューションとしてリアルタイムの現場工程データを収集し、これをビックデータ技術で分析して工程上問題、品質と装備の状態、投入の原価などを把握する"、"スマートファクトリー構築費用を画期的に削減できる業種オーダーメード型スマートファクトリーサービスで地域精密加工企業競争力向上に大きく貢献するだろう"と話した。

釜山=イム・ドンシク記者dslim@etnews.com
20.02.07 17:48:32
ジーエスティー、スマートファクトリー支援"多品種少量生産オーダーメイド型APS"を開発

ジーエスティー、スマートファクトリー支援"多品種少量生産オーダーメイド型APS"を開発



多品種少量生産に適用できるスマートファクトリー支援ソリューションが出た。


スマートファクトリーソリューションの専門会社ジエスティ(代表オジュンチョル)は精密加工分野で多品種少量生産と緊急納期に対応できる''ガントゥチャートを利用した生産計画の高度化ソリューション''を開発したと6日明らかにした。


精密加工産業は、いくつかの量産製品を除いては、大部分が多品種少量生産するために公正標準化が難しい。 また、標準化された製造実行システム(MES)を使用する企業も緊急生産や生産内容の変更など頻繁な工程変更状況に対応しづらいのが現状だ。 生産計画と現場作業の不一致は計画比の生産実績の把握と集計を困難にする。


これにジエスティは視覚化されたガントゥチャートを活用して全体生産計画と工程状況を一目瞭然に把握できるように高度化された生産計画システム(APS)を開発した。


<ジエスティが開発したガントゥチャート方式の生産計画の高度化プログラム(APS)。視覚化と直観的な作業スケジュールが可能である。>




この会社が開発したAPSは生産計画で注文変更事項、可能な設備と設備運用負荷などを視覚的で直感的なユーザーインターフェイス(UI)でリアルタイムで簡単に確認して、緊急注文、注文変更など、工程の変化に直ちに対処できるように設計したのが特徴だ。


受注情報、設備の稼動スケジュール、所要資材、工程ごとの所要時間、直ちに投入設備など現場情報をもとに1次自動生産計画を樹立し、従来担当者裁量に依存した不正確な生産計画の樹立から脱することができる。


ジエスティは先月までAPS中心要素の生産計画・作業指示ガントゥチャート、計画対比の実績管理ガントゥチャートを開発完了し、現在番組連動テスト中だ。


年末までシステムの安定化と機能の活性化作業を経て、来年精密加工業界に普及する計画だ。


オジュンチョル代表は"多品種少量生産、中小企業にテスト適用してプログラムの安定性を確認して精密加工業界だけでなく、素材部品をはじめ様々な業種で供給を拡大していく"、"今後の量産製品にも適用可能なスマートファクトリー支援次世代MESソリューションに作りたい"と話した。


釜山=イム・ドンシク記者dslim@etnews.com




出典:電子新聞(http://m.etnews.com/)

CS Center

常にお客様を優先します。

닫기 지에스티  

21世紀の産業を担うスマートファクトリー、私たちが実現します。