会社紹介

未来価値を高めて一緒に成長するGST

企業紹介

企業情報化の核心のERP, MES/POP, SCM, PMS, QMSなど、組み込みシステムを中心とする
Smart Factoryの構築、E-Businessソリュ ションの専門企業です。

GST  

企業概要(2019年末)

会社名 株式会社ジーエスティー
代表者 オー ジュンチョル
設立 2005年5月1日
資本金 1億5千万ウォン
事業内容 アプリケーションソフトウェアの開発などの供給業
受賞・認証 IMS認証企業、INNO-BIZ、ベンチャー企業の認 、企業付設研究所、
釜山市の大手企業、江蘇省の企業
従業員数 47名 (統合システム開門組織)
所在地 Room 308, 309, 3rd floor, Hyoyeol-ro, Buk-gu, Busan, Republic of Korea

事業内容

持続的な成長と差別化された顧客価値を実現しております。

  • Smart factory
  • SCM
  • ERP
  • PLM
  • MES/POP
  • QMS/SPC
  • IIoT
  • Fog Computing
  • IDC Center
  • Mobile Office

工場の製造現場の機械や機能などをデジタルデータに変換して、
様々な通信方法で相互に接続されているシステム



受注から納品までの生産活動を追跡・管理し、集められた情報をもとに生成分析・品質分析などを通じて
より生産効率を最大化することができる統合生産管理システムで、最終的には企業の生産性を向上させる。

企業の業務プロセスの確立

販売計画、注文処理、出荷、売上高といった各プロセスを一つの総合プロセスとして確立し、
業務間で連携した情報をリアルタイムに処理・公有することで、業務効率化を図る。

企業の分野や特性によるシステムを構成

ERPシステムを通して、連携・生産管理の生産計画から製造標準書の作成までデジタル化し、
生産現場とオフィスを一体化するスマート工場を構築します。

製品の企画から生産、販売、廃棄までの全プロセスの管理できるシステム

製品設計図から最終の生産まで、全過程を一括管理し、製品の付加価値を高めたりコストを減らす生産プロセスである。PLMは製品のライフサイクルなどの情報・データや管理サーバーシステム、クライアントシステムのネットワークシステムを提供する。

世界の物流環境の変化に対応できる材料と製品倉庫の管理システム

材料発注、入庫 、積載、 オーダー 別管理、出荷指示の管理、在庫管理などをリアルタイムに統合管理して企業の物流管理能力、運営能力を最適化する。それで経営資源の活用と顧客サービスの向上を図る。

データ分析基盤の統合的品質管理ソリューション

企業内全プロセスから発生したデータに基づいて高い品質を管理し、ビックデータ解析を通じて収率や生産性を向上させる。

IIoT(Industrial IoT)は非常に安定的な低遅延通信に
応えるため登場した次世代産業革命( Industry 4.0)を具現する。


工場の機械・設備などに付いてある情報収集装置やセンサーと連携して、集められたデーターに基づいて品質、設備、 勤務者数を自動で検査するクラウド基盤のIIoTプラットフォームとサービスを提供します。

スマートファクトリー高度化への鍵

膨大なデータを作り出すIIoT時代をために、長距離のクラウドにデータを送るのではなく、 作り出されたデータ自体から選別的に分析や活用できるようにした、ジーエスティーが新しく提案した技術でございます。

クラウド基盤スマートファクトリーの環境構築

顧客のニーズとIT環境に最適な最上級のサービスのため、IDCセンサーを運営し、特注サービスを提供しております。

顧客に最適のモバイル構築コンサルティング、
最高のソリューション


急速に変化するグローバルビジネスの競争の中で発展している情報技術と産業オートメーション、リアルタイムの監視、遠隔制御など従業員間の通信方法と業務の変化が要求され、これにより、モバイルオフィスは、現在市場で最も大きな話題として浮上し、スマートフォンが活性化されました。

Close GST  

21世紀の産業を担うスマートファクトリー、私たちが実現します。